色彩は「もう一つの心の言葉」です。 色は私たちの感情や記憶と深くむすびつきながら日々を豊かに彩り、心身に様々な作用を及ぼしています。色を使った表現を通して心を元気にしたり自分らしさを育てたりするアートセラピーを社会に活かしていきたいと思っています。

ロンドンに行ってきます

私は7年ほど前から日本画を勉強しています。
これは先月描き上げた「アジサイ」です。(F4号)



なかなか描く時間がなくて、まだ10点くらいしか作品はありませんが、日本画の奥の深さに魅力を感じています。

私がご指導いただいている阿部アヤ先生は、日本画の魅力を海外にも発信していきたいとさまざまな活動をされています。
そしてこの7月にも、ロンドンのメニエールギャラリーで開かれるグループ展「彩宴」(SAI-EN)に出品されます。

今回は私にも声をかけてくださり、なんとお手伝いを兼ねて同行させていただくことになりました。

ふだん田舎に帰るくらいしか移動しないのに、明日から初めてのロンドンです。(遠いです)
英語もできないのにお手伝いといっても、展覧会の準備と片付けとちょっと荷物持ちと・・・くらいしかできそうにありません。

でもこんな機会は思ってもみなかったこと。
いろいろな芸術やロンドンの歴史的な街並みをたくさん見てきたいと思います。  


  • Posted by turu at 09:55Comments(5)日本画