色彩は「もう一つの心の言葉」です。 色は私たちの感情や記憶と深くむすびつきながら日々を豊かに彩り、心身に様々な作用を及ぼしています。色を使った表現を通して心を元気にしたり自分らしさを育てたりするアートセラピーを社会に活かしていきたいと思っています。

ワークショップとお話:子育てに役立つ色彩心理パート2

この9月にも開催したワークショップの第2回として、「ワークショップとお話:子育てに役立つ色彩心理」
(11月16日 10時半~12時)を開催します。

子育てはなにかと不安がつきものです。これでいいのかしら?と迷ったり心配したり悩みはつきません。
物質的には豊かになっても、小さいころからスマホなどの通信機器になれた子どもたちと、親世代には感覚的にもおおきな隔たりがあります。

今の時代、どうしたら子どもたちに寄りそうことができるのか。
今回も色彩のワークを交えながら、心豊かな子育てや親子のありかたについて考えていきます。

前回同様、ハートアートプロジェクト代表の加藤里子さんを講師に、色彩あり笑いありの楽しい90分です。
子育て中のかた、子どもにかかわりのある方、色彩に興味のあるかたなど、どなたでも参加できます
ぜひお気軽にお問合せお申し込みください。


  


  • 色彩心理のお話とワークショップの会を開きます

    もはや思い出せないくらい暑い忙しい夏がおわりました。ようやく涼しくなってきましたが、たび重なる台風の被害や北海道の大地震など回復や復興を祈ることしかできないような事態が続いています。

    アトリエも移転して早くも半年がたちました。新らしい出会いや、しばらくぶりに来てくれた中学生との再会、いろんなことに励まされています。

    お知らせ遅くなってしまいましたが、この19日(水)に「色彩心理」のお話とワークショップの会を開きます。講師は水戸で20年、さまざまなアトリエ活動を重ねてきた色彩心理士の加藤里子さん。昨年のハートアート展と今も展開し続けるハートアートプロジェクトの代表でもあります。

    色ってそうだったのか!そんな意味深いパワーがあったのか!と発見できるようなお話が聞けると思います。ぜひお気軽にご参加ください。
    9月19日(水)10時半~12時、アトリエコスモスにて。
    お問合せは片倉まで(090-6174-9206)color-y@s7.dion.ne.jp
      


  • ハートアート展終了しました。

    ハートアート展、無事終了しました。
    ご来場くださったすべての皆様に心から感謝いたします。

    29日まで展示のあと、そのまま「色彩フォーラム」の会場となり、30日にはハートアート展にも後援していただいた「国際アートセラピー色彩心理協会」の末永蒼生先生のワークショップと、ゲスト講師、上野千鶴子氏の「アブノーマライゼーションとアート」と題する講演が行われました。

    そして31日昨日ようやくすべての展示を片付け、搬出を終えました。





    20日の搬入から12日間。
    事務局の一人として毎日会場に足をはこび、多くの皆さんと交流し、ボランティアスタッフと遅くまで会場の整備や翌日の準備などに追われる日々でした。

    アトリエコスモスのみんなの展示ができたことも、本当にすばらしい機会だったと思います。
    白い大きな壁に展示してみると、ふだん見ているのとまた違ってみえます。

    好きなことを自由に、好きなだけ時間をかけて作った作品は、どれもしっかりしたエネルギーを放っていて、ひとりひとりの心の声が聞こえてくるようでした。アトリエコスモスのみんな、ご協力くださった保護者の皆様本当にありがとうございました。






    もちろん、他のさまざまな表現がこれだけ大きなひとつの空間に集まるというのも、これまでにない初めての試みだったと思います。

    今回の展示のために何年も前から準備してきた主催の加藤里子さんが言うように、「高みをめざすアートではなく、本当にその人がその人らしくいられる表現を伝えていきたい」という展覧会の意味を感じていただけたのではないかと思います。

    ハートアート展は終了しましたが、ハートアートプロジェクトはこれからも続いていきます。
    いろいろなイベントやアトリエ活動、他の地域での展覧会などさまざまな可能性にむかって動き続けます。
    これからもどうぞよろしくお願いします。


      


  • Posted by turu at 14:41Comments(4)アートセラピー

    ハートアート展、やってます!!

    23日オープンの「ハートアート展」開催中です。(会場:アーツ千代田3331
    早くも中日を過ぎ、のこすところ後2日となりました。
    開幕前はいろいろSNSやFBなど使ってどんどんインフォメーションするぞ、と思っていたものの、準備というのはたいへんで、結局かけこむように初日を迎えてしまいました。他の人が拡散してくれてるし、もはや、インターネット関係は出来る人にまかせて、毎日展覧会場に詰める日々です。

    軽く流すように見て行く人。表現することに対して肩の荷が下りた、子どもたちの表現に感動した、などの感想を語ってくださる人。
    障害を持つこどもたちと、そうでない子どもたちが無心に造形を楽しむ映像に涙するひと、それぞれに何か感じてくださっている様子です。

    残すところ明日28日金曜日と、29日土曜日です。
    これからでもお時間ある方はぜひ会場に足をお運びください。




















      


  • Posted by turu at 22:50Comments(2)アートセラピー

    画材もテーマも自由。「大人のアトリエ」開いてます!

    春の気配を感じる陽ざしになりました。道のそこここに春の野の花が咲き始めています。

    昨年2月から始めた、三鷹市中原の『元気ひろばおれんじ』での「大人のアトリエ」も3名の方の参加を得て、なんとか続けていけそうな見通しがたってきました。

    もともと2、3人と参加者も少なく、いろんな事情もあり、一時は続けることが難しいかなとも思いました。
    杏林大学病院のちかくで、畑も点在する静かな住宅地です。最寄りの駅からはやや遠い印象、華やかな場所ではないけれど、元気なシニアの方対象に、好きな画材やテーマで自由に創作を楽しめたら、という思いで始めました。

    もちろん会場を主催する㈱AZUMAさんが声をかけてくださったこと、インフォメーションでも協力くださったのことが、一歩踏み出すきっかけでした。

    でもじっとしていないで自分でも広報しなければと、今年になってから2800部のカラーチラシをつくり、『元気ひろばおれんじ』のイベントカレンダーと一緒にポスティングしてもらいました。また調布を中心に発行している地域誌「武蔵野くろすとーく」にも紹介記事を載せていただくことができました。
    それらを見たという方から問合せがあり、ようやく3名のメンバーで再スタートすることができました。やっぱり自分で動いて思いを伝えていくことの大事さをあらためて感じています。

    子どものアトリエ同様、水彩でもパステルでも「これがやりたい」「やってみたかった」をお手伝いしていきたいと思います。
    描くことはいきること、創ることはそだつこと。いくつになっても始められるのではないでしょうか。
    楽しく気持ちのいい時間にしていけたらと思っています。興味のあるかたはぜひ一度のぞいてみてください。




    アトリエコスモス主催「大人のアトリエ」
    毎月第3金曜日(変更あり) 13:00~14:30

    場所:『元気ひろばおれんじ』 三鷹市中原3-1-65 0422-76-5940



    芽吹き、花咲く春は嬉しいけれど、なんとなく気忙しい感じのする年度末です。
    終わらせねばならないこと、始まりに備えなければならないことが同時にやってきます。
    アトリエでもようやく今年度の子どもたちの作品写真をアルバムに整理し、保護者の皆さんにお渡しする準備ができました。
    2、3月は問合せや見学もいくつかあります。よい春休み、よい4月が迎えられることを願っています。



      


  • Posted by turu at 15:23Comments(2)アートセラピー