色彩は「もう一つの心の言葉」です。 色は私たちの感情や記憶と深くむすびつきながら日々を豊かに彩り、心身に様々な作用を及ぼしています。色を使った表現を通して心を元気にしたり自分らしさを育てたりするアートセラピーを社会に活かしていきたいと思っています。

心で描く、大人の方のすてきな表現

新しいアトリエになって2度目の夏を迎えようとしています。
新たに入った小学生も落ちついてきて、遠慮なく没頭してアトリエを楽しんでくれていますが、大人の方はまだちらほら。

数名の方が絵や造形を楽しみにきてくださってますが、まだクラスの形にはなっておらず、その都度個別にご予約いただいています。

先日は油絵作品(20号)の下塗りをしに、若い女子学生の方が初めて参加してくれました。

おおー、油絵の具の強い臭い、おもわず自分の学生時代を思い出して懐かしいい気持ちになりました。
特定の臭いや香りはずっと脳裏に残るといいますが、本当に一瞬にして若いころにタイムスリップし、一気にいろんなことが思いだされました。

油絵具も少ないですがアトリエでもワンセット買いました。イーゼルもひとつ。

大人の方向けのさまざまな画材もそろってきました。これから絵を始めたい、または再開したいという方、いろんな造形を楽しみたいという方、ぜひアトリエにいらしてください。お待ちしています。

今日はこの6月、7月に描かれた大人の方の作品の一部をご紹介します。



40代女性の作品。山と道だけあらかじめ描かれた「ぬり絵」を水性クレヨンと色鉛筆で。
山は燃えるように赤く塗られ、しっかりと根をはった樹がたくさん描かれました。いろんな動物がみんな同じ大きさであちこちにいて、ちょっと楽しそうです。

作者は今、小さなカフェを営んでいる方ですが、これから自分は残りの人生でどんなことをしていけるだろう、と考えているといいます。

どんな小さな命も大切にされる、みんなが生きやすい関係や場所を作っていきたいという気持ちが、自然にイメージとして出てきたのですね、とご本人も納得。

道に立っている、それを見守る自分と飼い猫は「黒子」のような存在でありたいと言います。そんな作者の気持ちのこもった独創的な表現は、いつまでも見ていたくなるような温かさと情熱にあふれています。


俳優志望23才の青年のアクリル画です。タイトルは「世界は狭いようで広いのかもしれない」。

不思議な絵です。インターネットで瞬時になんでも知ることができる世界は狭いように感じるけれど、ほんとうに何が見えているのだろう、と彼は言います。

画面下の黒っぽいのは「回転ずし」のレーンだそう。黄色い器がオートマティックに運ばれていく、それをじっと見ている無数の眼。ちょっと怖さも。
コンセプトが先にでてきて、絵になりました。と彼は言います。でも、こういう感覚って大事だなあと思います。

情報化社会だからこそ、私も自分の眼を信じてしっかり真実をみていきたいと思います。

そういう意味でもあらゆる造形は、とりあえず今の自分の気持ちや状況にフォーカスできるツールだと思います。自分がどう生きたいか、自分がどう世界とつながっていきたいのかという感覚を内面に育ててくれるように思います。



日本画アートコースの60代女性の作品。しろゆりが清楚で美しいです。日本画なので、一色一色、絵皿に溶いて画面にのせていき、とても手間と時間がかかります。まだ2作目ですが、しっかりと、絵の具の使い方や日本画の線の美しさを学んでくださってます。

アトリエは、大人の方の自由表現のコースと、日本画アートのコースがあります。
「デッサンはやってますか?」とのお問合せがありましたが、もちろんデッサンもできます。
ご要望にそえるようできるだけ準備していきます。私ができないことはその専門の分野に明るい友人知人も手伝ってくれます。
どうぞみなさんお気軽にアトリエにご参加ください。お待ちしています。










  


  • 日本画ワークショップ開催します

    紫陽花が美しい季節です。梅雨はうっとおしいけれど、ひと雨ごとに緑もたくましく色鮮やかになってきました。


    さて今月下旬から私の日本画のご指導をいただいている、阿部アヤ先生の個展が三鷹市内で開かれます。


    阿部アヤ日本画展“Welcome to My room“


    6月28日(金)~7月2日(火)12:00~19:00
    *最終日は17:00まで

    会場:ギャラリー由芽のつづき
    http://galleryyume.web.fc2.com/


    期間中同ギャラリーで、「ワークショップ:日本画材で描いてみよう」も開催されます。私もインストラクターとしてお手伝いいたします。


    よく「日本画ってどうやって描くのですか?」とか「なぜこんなに発色が美しいのですか?」と聞かれますが、日本人なのにあんがい知らない、ちょっとのぞいてみれば新鮮な世界かもしれません。
    ぜひこの機会に普段あまり見ることのない日本画の絵具や材料にふれ、楽しく描いて体験してみませんか。


    画業45年、伝統的な手法もふまえながら、現代的なテーマや独自の表現を追求してこられた、阿部アヤ先生の美しい日本画の世界とともに、ぜひワークショップにもご参加ください。

    ワークショップの参加費は無料です。お気軽に直接会場までお越しください。お待ちしています。

    ワークショップ:日本画材で描いてみよう
    会期中最終日を除く毎日
    6月28日(金)、29日(土)、30日(日)、7月1日(月)
    時間:14:00~16:00
    講師:阿部アヤ先生(アトリエ アヤ)片倉洋子(アトリエ・コスモス)




    画廊所在地: 〒181-0013東京都三鷹市下連雀4-15-1-103(和光マンション
      


  • スマホ、携帯、iPad、そして子どもたち

    4月、新しい年度がスタートしました。5月からは新元号もスタートします。
    私もこの時期にいろいろなことを整理して新時代を迎えたいと思います。

    昨年2月に新しいスペースに移転してからあっという間の一年がすぎ、もう4月です。昨年度はさまざまなイベントにも参加し、作品展も開催しました。充実していましたが「光陰矢のごとし」という言葉をこれほど噛みしめたことはありません。なんだかすべてが速い!!!

    そしてこの一年、アトリエの一番の変化はアートのことではなく、子どもたちのスマホや携帯iPadなどの通信機器がアトリエでも急速に見えるかたちになったことでした。


    以前から安全のため子ども携帯を持たせる親御さんはいましたが、アトリエが私の“個人宅”でなくなったせいか、高学年や中学生があたりまえのように携帯を持ってきて、あたりまえのように使うので、子どもたちと通信機器との関係をずっと身近に感じることが増えました。これも“場”の変化だとつくづく感じます。


    携帯で何かを調べたり、画面を見ながらキャラクターやロゴを描くのは当たり前、お互いアプリや動画を見せ合いながら、ひとしきり情報交換。その分、会話も増えて、私も学校でのいろんな様子や悩みを聴くようなことが増えました。

    以前の自宅でのアトリエは私個人に対して一人の子どもとの、先生と生徒のような関係があり、それが放射状にひろがっている状態でした。
    でも今は子どもたち同士の関係も明確にあるし、さまざまな情報が飛び交い、そこに私も含めた放課後教室のようなちょっと社会的な関係のアトリエが作られているように思います。

    携帯ねぇ、創作にはいらなくない?・・・と戸惑うこともありましたが、ここは視点を変えて、今の子どもたちの現状を受け入れ前向きに考えていかねばと思うようになりました。

    通信環境という背景を抜きには子どもたちのリアルや深い感情も見えてきませんし、何より子どもたちから教えられる時代の様相というのも多々あります。

    ユーチューバーにインフルエンサー、ティックトック、ラズベリーパイ・・・・、みんな子どもたちに教えてもらいました。
    サカナクションや米津玄師など、今注目のアーティストも「先生、これだよ!聞く?」とすぐにスマホで出てきます。

    そのまんまの共有はできなくても、それも含めて「子どもたちらしさ」なのだし、逆に子どもたちの作品のリアリズムももっと良く見えるかもしれません。

    でも急に静かになったなあと思ったら、さっきの情報交換はどこへやら、みんな「自分」に集中して作品にとりくんでいたりします。

    やっぱりアトリエは自由な作品作りを通して自分を大事にするところ。みんなの創作する姿に安心しつつ、新しい時代に、少しでも楽しく、創作を通してみんなが「自分」を生きるられる場所にしていきたいと思います。




    千葉県佐倉市の「DIC川村美術館」。日曜日にいってきました。印象派から近代絵画、アメリカのポップアートまで豊富な常設コレクションと企画展「ジョセフ・コーネル」(6月16日まで)を観ることができます。桜は3分咲きくらいで寒さもあったけど、3万坪の庭園は本当にすばらしい。ちょっと遠いけど、何度でも行きたい美術館です。



      


  • 個性あふれる作品たち、アトリエコスモス展あと7日間

    2日から始まった「アトリエコスモス作品展」も残すところ1週間ほどとなりました。24日(日)休み、27日(水)までです。

    会期も長いので、私もいろんな方をご案内したり、作品の状態を見たり、何度か足を運んでいます。

    子どもたちの作品をじっくり見ていると、あらためてその作品に込められた子どもたちの気持ちや、成長の足跡が見えるようで感慨深いものがあります。どの作品にもその子なりの物語がありますし、選んだテーマのひとつひとつにもちゃんと意味があります。

    色彩心理的にいえば、それは無意識の世界だったりするのかもしれませんが、心は、いろんな世界を行きつもどりつしながら、ある時あるタイミングで色や形を与えられ作品となって表現されるのです。

    どんな小さなことでもそうですが、人に指図されて受け身ですることには少々の抵抗や不安がつきものです。
    でも自分で決めて自分で選びとった能動的な世界は、不安や迷いも生じにくく本当にその人の力になっていきます。

    アートには、その能動性に支えられた自由な世界や人を再生させる力があることを、子どもたちの作品を見ていてあらためて感じています。

    どうぞ好きな作品、気になる作品に会いに来てください。
    見る人の心に働きかける“何か”とおしゃべりをしに来てください。

    お待ちしています。














      


  • ワークショップ:絵でわかる子どもの心と可能性

    「アトリエコスモス作品展」会期中の22日、金曜日の夜すぺーすはちのこ主催で開かれる「いこっとでお話きこっと」。
    私が講師、案内役をつとめます。

    色彩は「もう一つの心の言葉」といわれています。
    13年間のアトリエの活動のなかで触れた子どもたちの姿や、子どもたちの絵や造形から読みとれる心や体のメッセージを、色彩心理をベースにお話します。

    また、ぬり絵のワークを通して色彩の魅力を体験していただき、色彩を子育てや暮らしに楽しく生かしていただければと思います。
    ぜひお気軽にご参加ください。

    ・日 時:2019年2月22日(金) 午後 6:30~8:30
    ・会 場:オーガニックカフェ「はちのこいこっと」
    三鷹市野崎3-22-16 すぺーすはちのこ1階
    ・参加費:500円 ※参加費とは別に、メニューから一品ご注文ください。

    ✿主催:すぺーすはちのこ
    ※参加を希望される方は事前にご連絡いただけると助かります。
    三鷹市野崎3-22-16 TEL:0422-32-3081 E-mail:hachinokomitaka@gmail.com