色彩は「もう一つの心の言葉」です。 色は私たちの感情や記憶と深くむすびつきながら日々を豊かに彩り、心身に様々な作用を及ぼしています。色を使った表現を通して心を元気にしたり自分らしさを育てたりするアートセラピーを社会に活かしていきたいと思っています。

夏から秋へ!季節も人生も

7月の「ハートアート展」も終わり、ほっとしたのもつかの間、超多忙な8月をすごしました。

三鷹市内の高齢者施設での新しい仕事も始まり、アトリエにも新しい子どもたちが入会してくれました。なにより例年の夏休みとはちがって実に多くの子どもたちがお休みすることなくアトリエに参加してくれました。

そして暑い暑い夏の終わりを告げるかのような、8月の最後の日、富山から懐かしい人が訪ねてくれ、20数年ぶりの再会をはたしました。

訪ねてくれた彼は今年49歳、今井もとしさん、私が富山で中学校の美術教員をしていた30数年も前、美術部の部員だったメンバーのひとりです。

富山で当時教師として勤めはじめたばかりの私は、みんなよりちょっと年上なだけで教員としても社会人としても実に未熟でした。

1学年11クラスもあるようなマンモス校で、授業、研修、さまざまな行事など緊張の毎日。とにかく若くて一生懸命なだけの、持てるエネルギーを精一杯そそぎこむような日々の中でなんとか学校に勤めることができたのも、放課後の美術部の存在があったからこそです。

教師という仕事にどこか違和感をぬぐえない中で、授業以外の場で直接中学生だったみんなと触れあうことができたこと、美術部の顧問としてみんなと一緒にいさせてもらったこと、それは今の自由表現のアトリエの活動にもつながる仕事の原点であり、自分にとっての「心のオアシス」のような大事な時間でした。


15歳と25歳だった中学生と教師は、49歳と59歳になりともにシニアの域にはいりました。(なんか、年の差が縮まったような・・・)

互い容貌の変化はこれはもうねえ、はい、20年、30年ですね、て現実だから。しっかり時間が積み重なっています。

2時間ほどランチしながら、今井さんから美術部のみんなのそれぞれの人生の苦労や出来事、そして現在のことをたくさん聞きました。私は富山を離れてしまい、その後もほそぼそとは繋がってきた関係ですが、思いだされるのは当時の教室や中学生の頃のみんなの顔立ちそのままです。

なのに今井さんの携帯には、LINEで他の男性メンバーからお孫さんの写真が添付されてきたり(孫って!!、お孫さん?!)、女性メンバーが優しい声を聞かせてくれたり・・・。(この同時性に想像力が追い付かず、メモリーオーバーになりそうな私でした。)


富山から訪ねてくれた今井さんは、これからの人生を政治の世界に捧げたいと言います。
この国がいま向かおうとしている方向に、はっきりと異をとなえ、本当に必要なことに目をむけ行動することはどんなに力のいることでしょうか。
政党には属するものの、資金といい、人間関係といい、聞けばきくほどあまりにもクリーンな彼のありように、しっかりした眼差しと強い信念を感じました。
古い体質の色濃い、保守王国富山に新しい風は吹くのでしょうか。
いえ、吹かせてほしい。
さまざまな差異をこえて誰もが安心してくらせる、あたりまえの社会を作っていきたいと思うだけなのに、今それがとても難しい。
だからこそ、こころから彼を応援したいと思いました。


年齢を重ねたからこその、ゆるやかな、再びのつながり。
共に、人生の節目であり、新しいスタートにたっているそんな秋です。



                            御岳山のレンゲショウマ
  


  • Posted by turu at 11:54Comments(2)

    仙台の友人Sさん

    子どもたちはみんな先週から長い夏休みにはいりました。!

    アトリエではまだ「夏休みの宿題制作」との格闘は始まっていないものの、
    「センセー、5年生らしくて格好よくてすぐ出来る工作なあい?」という質問に絶句したり、
    6年生の女の子の大事な「下書き」を私がどこかに失くしてしまったり、・・・・face07
    暑いし、ぼーっとしてしまうし波乱の始まりです。

    そんな中この土曜日、仙台の友人Sさんが訪ねてきてくれました。

    彼女は仙台を中心に、被災した子どもたちや仮設住宅の高齢者の方へのアートセラピーの活動を続けてきた人です。
    私も昨年、仙台の保育園でのアートセラピーに参加させてもらい、いろいろとお世話になりました。

    Sさんは自身も被災者でありながら現地で実績を積み、新たな「アートセラピー」の仕事を依頼されこれから取り組んでいこうとしていました。

    その仕事はこれまでのような子どもやお年寄り対象ではなく、まさに大きな被害のあった石巻の被災地の大人の方たちやその支援員の人たちへのアートセラピーです。


    久しぶりに会った彼女と私は限られた時間を惜しむようにいろんな話をしました。

    私がその後、本などで知り得た知識としての「現地」と、彼女がいまなお向き合う、ずっと続いている「現地」との間には大きな「隔たり」があります。
    彼女の言葉の中からわたしは、自分たちの住む東京と被災地との間には、あらゆる場所にさまざまな言葉にならない「隔たり」が横たわっているのだと感じました。


    新しい仕事に取り組もうとしている彼女。
    いろいろな不安はあると思います。

    でも私はSさんだからこそできるし、ぜひ取り組んでほしいなと思います。
    ありきたりかもしれないけど、他のひとにはできない。
    やっぱりそう思います。

    自ら被災者であり、活動を続けてきた彼女だからこそ依頼があったのだし、彼女にしかできないこがあると思うのです。
    もし彼女が言うように、アートセラピーの過程で絵を描くことや色を塗ることを通して、人々が言葉にすることをいつのまにか我慢し控えてきた思いが引きだされてしまうことがあっても、
    彼女だからこそ、それを受けとめ寄りそうことができると思うのです。

                 6歳女の子の作品。暑い夏にはこういうの作りたくなるね!


    Sさん、午後は2時間ほど私のアトリエにも参加してくれました。
    さすが、保育園で活動していただけありごく自然に子どもたちに溶け込んでくれました。

    4歳のNちゃんが、じーーーっと彼女の顔をみつめて固まっちゃったのはおかしかった。
    めずらしいお客さんだし、彫りの深いどこかエキゾチックな面立ちのSさんにくぎ付けになったのね。

    ま、Nちゃんも私も、どちらかというと平たーい顔なので、Sさんに見とれちゃったんでしょうね。

    被災地の活動、アートセラピーのこと、子どもたちのこと・・・。
    いろいろな話をたくさんしました。
    彼女だからこそできることをどうか自由に思う存分実践してほしいと思います。
    そして、立場は違うけれど、同じ思いでアートセラピーの活動をするものとして心から応援したいと思います。  


  • Posted by turu at 15:51Comments(2)

    友人のアトリエを訪ねて

    文京区に住む旧い友人がこの8月から「アトリエ」を始めたのでお祝いがてら訪ねました。

    12畳ほどの自宅倉庫を改装。トイレ、流し、窓をつけてリフォーム。
    私のようにリビングで「アトリエ」をするのは大量の画材を出したりしまったりという労力がいるのですが、
    こんな専用の空間があるなんて本当に素敵!
    こじんまりしてるけど充分広い。






    彼女は昨年、病と手術を経験し、まだまだ養生が必要なのだろうと思っていたので、
    突然の自分の拠点を構えたという話にはびっくりしました。

    それだけに、これまでの活動をさらにステップアップして形にしていくという、
    自己実現の姿がなにより嬉しいし励まされます。


    絵画教室というよりはアートセラピーの考え方を主としたアトリエ。
    お互い「どこまでできるのだろう」という不安や緊張はやっぱりどこかに潜んでいて、抗いがたい部分もあります。

    一つは私たちが「若くはない」ということ。
    でもそれは新しいエネルギーのあり方と知恵で、こういうアトリエをいい空間にしていく可能性も秘めているはず。
    難しい時代だけれど、子どもたちが表現することを通して自分の内発的なエネルギーをしっかり感じる場所であってほしいとほんとに思います。

    三鷹と文京区は離れていますが、道路のこっち側とあっち側くらいの距離感でお互い手をふって、ときどき声かけながら歩いていきたい。

    私も実は先月自分のアトリエの看板を新しくしました。
    気がつけば7年も続けてきて、ようやくいろんなことが経験化できてきたように思います。
    それが今後どんな風に生かせるか、ちょっと小さな決意も込めて・・・作りなおしました。



      


  • Posted by turu at 19:34Comments(2)

    スチールドラムとともに

    久しぶりにホームパーティーを開きました。
    今回は私たち夫婦にとってこれまでに無い、 いろんな意味で初体験のパーティーでした。

    一つは音楽があったこと。

    私たち夫婦の共通の友人にお願いして、スチールドラムという独特の倍音の響きを持った打楽器を演奏してもらいました。

    打楽器といっても両手でやさしくたたき、雨音のようなハープのような、弦楽器のようにも聞こえる不思議な音色がします。

    障子を背に、ベルギー人の彼の雰囲気が素敵です。

    それからトモミさんは童謡を披露してくれました。ご本人はまだ20代ですがなつかしい日本のうたを澄んだ歌声でいくつも歌ってくれました。




    そしてもう一つ違っていたのはゲストの集まり方。
    10人のゲストが20代から40代と若く、それぞれが友人を連れてきたり外国人の方もいたり、この場で初めて顔をを合わせる人が何人もいたのです。お料理をもってきてくれたり、外国の方がいるのならと着物姿で来てくれる人もいました。


    つまり共有している時間や仕事や趣味の違う何組かがゆるやかに集まり、そのことで自由な雰囲気が生まれいろんな交流ができたのです



    これまでも多くの来客を迎えるということはたびたびありました。

    でもそれは夫の仕事関係や法事の集まりなど、同世代や同業あるいは親族といったひとつのまとまりの関係でした。
    基本的には全員が顔見知りの、ある意味安心で閉じた関係といえるかもしれません。

    今回はホストである私たちが、ゲストによって内側から外にポンと連れ出され、そういう緩やかなつながりや出会いももっとあっていいのでは、と教えられたような気がしました。


    苦手意識のあるブログfacebookなどのことも、どんどん活用している若い人たちの話をきいているとすごく勉強になったりするし、
    年齢や経験などの社会的な価値観以前に人として相手をまっすぐ見ている人たちがたくさんいるんだなと素直に感じられました。(下は音楽を聴きながら描いてくれた絵)


    12時半から始まって、最後の客人が帰ったのが夜の9時前。

    後には空になった10本のワインと、4合瓶の日本酒が2本。

    もはや動けなくなった夫がひとり。

    これってただの飲んべですよね。

    料理とお酒は豊富にというのは誰をお呼びしても変わりません。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    6月のアートセラピーワークショップ
    6月24日(日)
    10:30~
    13:30~
    於  三鷹市市民協働センター
    問合せ・お申し込みは
    アトリエ・コスモス
    片倉まで
    0422-34-3448
    color-y@s7.dion.ne.jp  


  • Posted by turu at 18:31Comments(0)

    5人でランチ会

    もうすぐ4月。
    卒業、入学は遠い昔の私たちにとってもそれぞれに新しい変化を受け入れねばならない春がやってきます。

    そんな「変化」を前に、新たな活動や生活、再就職を控えた仲間5人が集まりました。
    1人の人が彼女の自宅へ招待してくれ、得意の料理を伝授してくれるいう「料理講習会」も兼ねた
    集まりです。

    料理講習会というのに、呼ばれた私たちがしたことといったら、白玉粉入りの特性水餃子の皮を練ってあらかじめ作ってもらってあった餃子のアンを包むことと、
    粉を練って中華の蒸しパン「花巻」を作ることくらい。
    あと、エビの春巻きも包んだっけ。(準備されていたものを包んだだけ)




    それでこの料理の数々。10品はありました。
    招待してくれた彼女がなんと5時起きで準備してくれた、心と愛情のこもった、手間ひまかけた
    本当においしい料理です。

    味はもちろん普段私がしているのとは全然ちがう本格派。目で味わい語って味わい、
    おいしく食べてあっという間に時間がすぎました。

    友人というのは、数ではなくて、ほんのたまに会えて語って支えられていると感じられる
    数人がいてくれるだけでいい。できれば、おいしい料理がそこにあればなおいい。

    あることないこと話せる友人というのは、ほんとうにありがたいものです。
    仕事や子育てに忙殺されていたころには考えられなかった時間。
    今だからこそありがたい時間。
    こんどは私が招待する機会をつくります!  


  • Posted by turu at 09:20Comments(0)