色彩は「もう一つの心の言葉」です。 色は私たちの感情や記憶と深くむすびつきながら日々を豊かに彩り、心身に様々な作用を及ぼしています。色を使った表現を通して心を元気にしたり自分らしさを育てたりするアートセラピーを社会に活かしていきたいと思っています。

諦めました「伊藤若冲展」

午前中に、今日からはじまったばかりのボランティア活動を終えて、ほっと一息。

午後、ぜひ行きたいと思っていた、24日まで開催の「生誕300年記念 伊藤若冲展」(東京都美術館)にでかけました。

上野駅公園口の改札をでて、横断歩道を渡ると公園入口に「若冲展はただいま170分待ちです」の看板を持つ人が。
「えっ?」と思いましたが、せっかく来たのだからせめて美術館入り口までいってみようと思い、たどりついてすごい人の数にビックリ!
ここにも「170分待ち」の看板が。

係の人が鑑賞に来た人たちに説明していました。

「午前9時にすでに2000人が並び、4時間待ちの状態。やっと待ち時間が短くなってきた。午後5時半閉館なので、5時までに並んだ人はなんとかいれてあげたいと努力している。でも保障はできない」と。


今日はシルバーデーで、65歳以上の方は入場無料というのも重なったのかもしれません。

でも係の人によると昨日もこんな感じだったとか。

熱い中、高齢の方も多く、脱水症にならないよう水分を持って並ぶよう、係員が呼び掛けていました。

私は、着いた時点で午後1時50分。だから並んでも入れるのは4時40分。
もし入れても2重3重にかぶさる人をなんとか越えるようにして、あるいは上手にくぐりぬけて絵の前に進み、鑑賞できるだろうか。
考えただけで、どっと疲れてしまい、諦めてかえってきました。

残り1週間ほど。


これから出かける方、遠方から親族などが来て一緒に行くという方がきっといると思います。
ネットで混雑情報をあつめるなどして、どうぞ気をつけてお出かけください。

残念・・・・、しかたないね。



  • 同じカテゴリー(出かけました)の記事画像
    6年生の日本画体験授業
    ゴールデンウイーク終わりました
    好きな色で埋めつくす、という心理
    初めてのジブリ美術館
    アーツ千代田3331で開催「あとりえひとは」
    アール・ブリュット立川2016を観てきました
    同じカテゴリー(出かけました)の記事
     6年生の日本画体験授業 (2017-09-16 11:27)
     ゴールデンウイーク終わりました (2017-05-08 14:32)
     好きな色で埋めつくす、という心理 (2017-04-30 14:02)
     初めてのジブリ美術館 (2017-02-02 11:58)
     アーツ千代田3331で開催「あとりえひとは」 (2016-11-14 16:23)
     アール・ブリュット立川2016を観てきました (2016-10-28 14:43)

    この記事へのコメント
    こんばんわ。
    残念でしたね。生誕300年ですか・・・
    展示品の内容はよくわかりませんが、きっと観る人にインパクトを与えるような作品なんだろうな~ 何百年も経ってなお人々にインパクトを与える作品ってどんなだろう?と、ちょっと考えてしまいなした。

    地元の美術館が新しくなるという話を先日耳にしました。
    新規オープンしたら、足を運んでみようかな~新しい刺激を求めて・・・
    Posted by furu at 2016年05月23日 00:13
    ほんとうに残念でしたが、私のような思いをした人はたっくさんいて、ツイッターやブログでもいろんな意見がありました。
    やはり、日本の展覧会のありかたというのは問題があると思います。

    でも若冲でなくとも、さまざまな芸術にふれるのはいいこと。
    いろんな機会にぜひ出かけてみてください。
    Posted by turuturu at 2016年05月24日 13:02
    上の画像に書かれている文字を入力して下さい
     
    <ご注意>
    書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

    削除
    諦めました「伊藤若冲展」
      コメント(2)