色彩は「もう一つの心の言葉」です。 色は私たちの感情や記憶と深くむすびつきながら日々を豊かに彩り、心身に様々な作用を及ぼしています。色を使った表現を通して心を元気にしたり自分らしさを育てたりするアートセラピーを社会に活かしていきたいと思っています。

立山、室堂2500mの世界


17、18、19日は富山へ帰省し、昨日東京にもどりました。
今回は中一日だけの帰省でしたが、84歳になる私の父の提案で、立山の弥陀ヶ原で一泊、翌日は、室堂まで足をのばし、2500mの雄大な山の自然を満喫しました。
立山駅


弥陀ヶ原は、標高1930m、日本最高地にある湿原です。
17日は小雨だったものの、夜にはホテルの窓から遠く富山平野の夜景を望むことができました。

翌朝、高原バスで室堂へ。
平野部の天候は不安定だったものの、2450mの室堂は清々しい青空に。
目の前には圧倒されるような山岳の絶景が広がります。


今回は私と夫と次男、そして共に84歳の私の両親の5人。帰省中に山で泊るのは初めてです。

背中や腕の骨折を経験している母は、いくら散策道が整備されていると言ってもさすがに歩くことはできません。
父と高原のホテルのラウンジで、窓越しに山を楽しんでもらい、その間私たち3人は1時間ほどのコースを歩いてきました。
室堂平、ミクリガ池
火山ガスの噴き出す地獄谷
広大な山岳景観


こんな雲の上の高地まで、ケーブルカーや高原バスでこんなに簡単にアクセスできるなんて驚きです。
でもそのおかげで母のような高齢者や子どもたち、障害のある人など、多くの人が楽しめるようになっているのは本当に素晴らしいと思います。

高齢で足腰に問題を抱えた母が、一緒に歩くことはできなくても山へは行きたいというその意欲が、娘として本当に嬉しかった。

心に残る夏になりました。



  • 同じカテゴリー(出かけました)の記事画像
    6年生の日本画体験授業
    ゴールデンウイーク終わりました
    好きな色で埋めつくす、という心理
    初めてのジブリ美術館
    アーツ千代田3331で開催「あとりえひとは」
    アール・ブリュット立川2016を観てきました
    同じカテゴリー(出かけました)の記事
     6年生の日本画体験授業 (2017-09-16 11:27)
     ゴールデンウイーク終わりました (2017-05-08 14:32)
     好きな色で埋めつくす、という心理 (2017-04-30 14:02)
     初めてのジブリ美術館 (2017-02-02 11:58)
     アーツ千代田3331で開催「あとりえひとは」 (2016-11-14 16:23)
     アール・ブリュット立川2016を観てきました (2016-10-28 14:43)

    この記事へのコメント
    素敵ですね。
    天候も良かった様で、写真から新鮮な空気が伝わって来そうです。

    室堂や黒部のトロッコ電車など、行きたいと思っても地元にいるといつでも行ける思ってしまってなかなか行けないものですね。

    自分も、両親が元気な内に旅行へ連れて行きたいなぁ~と思いました。
    Posted by furu at 2014年08月23日 13:55
    ほんとうにそうですね。

    立山駅からケーブルと高原バスでわずか1時間です。
    ぜひぜひ行かれてください。

    あまりのすばらしさに、非日常から仕事モードにもどるのにちょっと苦労しましたがとてもよかったですよ。
    Posted by turuturu at 2014年08月24日 08:23
    上の画像に書かれている文字を入力して下さい
     
    <ご注意>
    書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

    削除
    立山、室堂2500mの世界
      コメント(2)