色彩は「もう一つの心の言葉」です。 色は私たちの感情や記憶と深くむすびつきながら日々を豊かに彩り、心身に様々な作用を及ぼしています。色を使った表現を通して心を元気にしたり自分らしさを育てたりするアートセラピーを社会に活かしていきたいと思っています。

こっそり行きたい「シャトー2F」

毎週金曜日は武蔵小金井に所用で出かけるのですが、以前からちょっと気になっていた場所があり行ってきました。
武蔵小金井駅南口から徒歩5分。連雀通り沿いのカフェ・ギャラリー「シャトー2F」です。

超レトロな建物、わっかりにくい入口を上るとそこはカフェとギャラリー、そしてキッズルームまである、なんとも広やかな空間が広がっていてびーっくり。
こっそり行きたい「シャトー2F」
こっそり行きたい「シャトー2F」
私が行ったのは4時前というお客さんがちょうどいない時間帯。
1人おずおずと入っていった私に、マスターの木村さんが「どうぞどうぞ」という感じで迎えてくれました。
その木村さん、気さくな人柄と“受けとめて返す”のトークが絶妙で気がつかないうちについつい話し込んでしまい・・・なんとも魅力的なのです。

地域密着型で子どもや親子や地域の人と楽しいアーティスティックな活動を展開したいという木村さん。
カフェのマスターだけでなく、自ら演じるヘンテコ紙芝居「大阪弁日本昔話」は子どもたちに大人気とか。
2児のパパでもあり、保育園の保護者会でも注目されるの、ほんとに頷けます。
だって、なかなか地域に育メンの男の人なんていないもの。
こっそり行きたい「シャトー2F」


マスター木村は大阪出身のもとバンドマン。
表現力の豊かさの背景はそれもあったのですね。

私もアトリエやったりワークショップ開いたり、それこそ0歳~100歳までの人たちとであっているのだけど、50代は「若くもない、でも年寄りでもない」という微妙なお年頃。若い人には距離を感じ、年配の人には気を使い、なかなか自分の言いたいことをうまく伝えられないこともしばしばです。


でも木村さんの世代で(って歳は知らないのだけど)その活動・表現力・子育てのリアルは、きっと同世代はもちろん、学生世代にも地域で何かしたい50代以降の人たちにもつながっていくのではと思いました。
何か新しいことが始まるようなパワーを感じて、話していてとても楽しかったです。

次回はぜひランチを食べよう。
あまりみんなに教えたくない、こっそり行きたいような素敵な場所でした。
こっそり行きたい「シャトー2F」

機会があったらぜひ行ってみてください。ぜひマスター木村と話してね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

9月のアートセラピーワークショップ
つながる・育む・コミュニケーション

9月23日(日)
・午前10:30~    ・午後1:30~
  会場:三鷹市市民協働センター     参加費:2,000円

  <お問合せ・申し込み>   アトリエ・コスモス     片倉洋子
  e-mail color-y@s7.dion.ne.jp     tel/fax 0422-34-3448
こっそり行きたい「シャトー2F」



上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
こっそり行きたい「シャトー2F」
    コメント(0)