色彩は「もう一つの心の言葉」です。 色は私たちの感情や記憶と深くむすびつきながら日々を豊かに彩り、心身に様々な作用を及ぼしています。色を使った表現を通して心を元気にしたり自分らしさを育てたりするアートセラピーを社会に活かしていきたいと思っています。

友人のアトリエを訪ねて

文京区に住む旧い友人がこの8月から「アトリエ」を始めたのでお祝いがてら訪ねました。

12畳ほどの自宅倉庫を改装。トイレ、流し、窓をつけてリフォーム。
私のようにリビングで「アトリエ」をするのは大量の画材を出したりしまったりという労力がいるのですが、
こんな専用の空間があるなんて本当に素敵!
こじんまりしてるけど充分広い。






彼女は昨年、病と手術を経験し、まだまだ養生が必要なのだろうと思っていたので、
突然の自分の拠点を構えたという話にはびっくりしました。

それだけに、これまでの活動をさらにステップアップして形にしていくという、
自己実現の姿がなにより嬉しいし励まされます。


絵画教室というよりはアートセラピーの考え方を主としたアトリエ。
お互い「どこまでできるのだろう」という不安や緊張はやっぱりどこかに潜んでいて、抗いがたい部分もあります。

一つは私たちが「若くはない」ということ。
でもそれは新しいエネルギーのあり方と知恵で、こういうアトリエをいい空間にしていく可能性も秘めているはず。
難しい時代だけれど、子どもたちが表現することを通して自分の内発的なエネルギーをしっかり感じる場所であってほしいとほんとに思います。

三鷹と文京区は離れていますが、道路のこっち側とあっち側くらいの距離感でお互い手をふって、ときどき声かけながら歩いていきたい。

私も実は先月自分のアトリエの看板を新しくしました。
気がつけば7年も続けてきて、ようやくいろんなことが経験化できてきたように思います。
それが今後どんな風に生かせるか、ちょっと小さな決意も込めて・・・作りなおしました。






  • 同じカテゴリー()の記事画像
    夏から秋へ!季節も人生も
    仙台の友人Sさん
    スチールドラムとともに
    5人でランチ会
    今日が一番若い日
    同じカテゴリー()の記事
     夏から秋へ!季節も人生も (2017-09-04 11:54)
     仙台の友人Sさん (2013-07-29 15:51)
     スチールドラムとともに (2012-06-04 18:31)
     5人でランチ会 (2012-03-30 09:20)
     今日が一番若い日 (2012-01-19 13:37)

    この記事へのコメント
    相変わらず暑いですが、空は秋。気持のよい風と虫の声。 そして2階の住まいは相変わらずごった返しています。やっと押入れ棚とボックスが届き、大工さんがタンスを引き取りに来てくれ、あらたな整理真っ最中。仕舞い込んでいた過去の仕事のゴミや青春時代の思い出が出てきました。そんなこと、こんなこと考えていたのか~。こんなアイデアを持っていたのか~。過去の私がとても新鮮・・・。処分するのはもったいないけど、貴方がいたから今の私がいるんだよって思いながら、思い出をびりびり破って未来のための隙間を作っています。
    教室の電話がつうじませ~ん!と教えてくれた体験希望の娘さんが9月から来てくれることになりました!感謝!
    感謝!です。   
    Posted by 後藤 光津子 at 2012年08月29日 18:12
    後藤さん、

    アトリエがいいスタートでなによりです。

    過去の処分は大事ですね。
    いい風どんどん入れてください。
    Posted by turu at 2012年08月31日 10:56
    上の画像に書かれている文字を入力して下さい
     
    <ご注意>
    書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

    削除
    友人のアトリエを訪ねて
      コメント(2)