色彩は「もう一つの心の言葉」です。 色は私たちの感情や記憶と深くむすびつきながら日々を豊かに彩り、心身に様々な作用を及ぼしています。色を使った表現を通して心を元気にしたり自分らしさを育てたりするアートセラピーを社会に活かしていきたいと思っています。

サマーアートキャンプ2012

26日から28日まで、四谷ひろば(CCAAアートプラザ)で開かれた「サマーアートキャンプ2012」に27日、28日の両日参加しました。

これは美術や図工の先生向けのワークショップで参加者の多くは現場の先生たちですが、私のような個人でアトリエを開いているという人も参加できます。

自分の狭いアトリエを出ていろんな素材や制作の方法に触れる機会というのはなかなかありません。
だからとても楽しく、夢中になって作業する中で私自身が子どもに戻ったような気分になりました。

講師は主に小学校や中学校の現場の先生。
全部で私は4講座受講したのですが(かなりハードでした!)、こんなにたのしい素敵な授業をしている先生たちがいるのか、ということに正直素直に驚きました。

学校の図工や美術という限られた時間のなかで、子どもの心に寄りそい、いかに楽しくいかに深い経験を子どもたちにさせるのかという実践や苦労や喜び。
その経験は、講座の内容はもちろん大変な説得力をもっていきいきと伝わってきました。


講師はみな経験豊富な方たちだったけれど、ワークショップに参加した若い先生たちもほんとうに熱心に耳を傾けていました。

私も子供向けということでなく、大人のアートセラピーや心の再生といった点でも様々なヒントがありました。


暑い二日間の中で思ったこと。
あらためて絵画や造形を通してできることって何だろう。うちなんかホントに小さいすぺーすだけど、また考えていきたいと思います。


サマーアートキャンプ2012


サマーアートキャンプ2012


サマーアートキャンプ2012


サマーアートキャンプ2012


サマーアートキャンプ2012



(会場のひとつ、図工室という部屋は冷房がなかった!いかにあたりまえに冷房を使ってるか。4時間の講座、軟弱な私の体にはこたえました。
そういえば、冷房が設置されている学校もふえてはいるけれど、まだまだクーラーなんてない中で先生も子どももいるのですよね。大変!)



  • 同じカテゴリー(出かけました)の記事画像
    6年生の日本画体験授業
    ゴールデンウイーク終わりました
    好きな色で埋めつくす、という心理
    初めてのジブリ美術館
    アーツ千代田3331で開催「あとりえひとは」
    アール・ブリュット立川2016を観てきました
    同じカテゴリー(出かけました)の記事
     6年生の日本画体験授業 (2017-09-16 11:27)
     ゴールデンウイーク終わりました (2017-05-08 14:32)
     好きな色で埋めつくす、という心理 (2017-04-30 14:02)
     初めてのジブリ美術館 (2017-02-02 11:58)
     アーツ千代田3331で開催「あとりえひとは」 (2016-11-14 16:23)
     アール・ブリュット立川2016を観てきました (2016-10-28 14:43)

    上の画像に書かれている文字を入力して下さい
     
    <ご注意>
    書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

    削除
    サマーアートキャンプ2012
      コメント(0)