色彩は「もう一つの心の言葉」です。 色は私たちの感情や記憶と深くむすびつきながら日々を豊かに彩り、心身に様々な作用を及ぼしています。色を使った表現を通して心を元気にしたり自分らしさを育てたりするアートセラピーを社会に活かしていきたいと思っています。

好きな色で埋めつくす、という心理

ちょっと時間ができて、国分寺の小さなアートギャラリーに出かけ、佐藤尚子さんの作品展を見てきました。




国分寺駅から歩いて15分ほど。今回初めて訪ねた「丘の上APT:兒島画廊」は、トタン板の外壁に、木と漆喰の内装がすてきでとても落ち着く雰囲気で、その名のとおり小高い丘の上の住宅地にありました。

佐藤尚子さんも丘の上APTも知らなかったのですが、なぜか最近、色彩が無限に積み重ねられているような表現ばかりとても気になっていて、このチラシを友人からもらったとき、どうしても行きたいという思いにかられたのです。

もともとこういう隙間のない細かい表現は好きではなかったのに、なぜ今魅かれてしまうのだろう。なぜ不思議と目についてしまうのだろう。

そんな自分への疑問もあって、佐藤さんの作品を通して、自分の気持ちと対話したいという思いもありました。

鮮やかなピンク系が多く使われた色彩あふれる作品は、色と色が自然に手をとりあってつながっていくような楽しさがあります。
けれど、すごく細かくて、そこにはあふれ出るエネルギーと、無限に広がる宇宙空間のような強さも感じます。

この絵にも多用されているピンク系の色は私も好きな色です。
心理的には「愛情」や「女性性」「幸福感」などとと結びつけられるピンクですが、やや青みがはいったマゼンダつつじ色のようなピンクには強い意志や複雑さが感じられ、より魅かれます。実は私のバッグの中の小物類はほぼこの強いピンク。自分を守ってくれるお守り代わりのような気分です。

そんなピンクと他の色彩が無限に積み重なる佐藤さんの作品を見ていると、私は今、自分で自分を埋めつくしたいという感覚がある、そのエネルギーを欲しているのではないかという思いが、作品と呼応するように私の中に生まれてきました。

外からの余分な情報を排し、自分の内なるエネルギーで動いていきたい。外の世界とつながりながら、でも、自分のリズムを最大限整えていきたい。仕事も生活もそういう時期なのかな、と思いました。(ちょっと疲れているのかも)

「木の芽時」という言葉があります。
春から初夏へのアップダウンの激しい不安定な気候と、若い芽がいっせいに吹き出す季節。
負と正のエネルギーが同時に存在する時期です。誰もが不安定になりやすいという自然のリズムに私も影響を受けているのかもしれません。

そんなことを感じつつちょっと自分との対話をはたし、丘を降りるときには爽やかな気持ちになっていました。

その時々に魅かれる絵や色調というのは、自分の人生の現在点を語っているといえます。

絵や色彩との対話は、自分の「今」を知る大事な時間だと思いました。  


  • 大人の塗り絵開催します!

    お知らせがおそくなりましたが、4月19日、水曜日はちのこいこっとで第二回「大人塗り絵教室」開催します。
    お茶を飲みながら、おしゃべりしながらの気楽な塗り絵の会です。https://www.facebook.com/ikotto

    なにげなく選んだ色彩は私たちの心を語ってくれます。モチーフや配色、今日気になる色などが、自分が気がつかない心のブロックや望みを教えてくれたりします。とても面白いのですよ、色彩は。

    いろいろな角度から自分を知るということは、それだけ自分への理解を深めて、「新たな自分」と仲良くなることにつながります。
    良くても悪くても、まずは知ってまあいいじゃんとOKを出すこと。そこから今を生きるエネルギーを高めていくことができます。
    どうぞお気軽にご参加ください。




    9日にアーツ千代田3331で開催のバルーンアートは参加者は2組の親子と大人のかた一人。
    ちょっとさびしかったけど、3月、4月は年度末で、卒業や入学などいろいろな行事が重なりみなさん忙しい時期なのでしかたありません。
    バルーンアートは7月の「ハートアート展」でも開催予定のイベントです。風船をふくらませたり、色を塗ったり、スタッフの一人として準備し楽しんできました。立体に色を塗るのは楽しかったです!