色彩は「もう一つの心の言葉」です。 色は私たちの感情や記憶と深くむすびつきながら日々を豊かに彩り、心身に様々な作用を及ぼしています。色を使った表現を通して心を元気にしたり自分らしさを育てたりするアートセラピーを社会に活かしていきたいと思っています。

締め切りは半年先に


誰だって締め切りというのはが苦手です。

提出物や仕事の締め切り、いろんな手続きや申し込み、支払いの締め切り。
焦る気持ち、めんどうな息苦しさ・・・・。英語ではdeadlineというかなり強いイメージの言葉です。

自由な作品作りでさえ、大人の場合は展覧会などにむけていつまでに、と自分を追い込んでいかないとなかなかできなかったりします。

でも子どもたちは、100パーセントの今を生きているから、先の締め切りなんか気にしない。
むしろその日を楽しみに、いくらでも取り組めてしまうからスゴイ!

アトリエでは、半年先の「ハロウィンの衣装コンテスト」(先月10月26日)にむけて約六か月コツコツと情熱を傾けた男の子(5年生)がいます。

3月くらいから「ハロウィンの衣装をね、つくるんですよ、まだ半年以上あるから大丈夫」と言い、
え?、それ、いくらなんでも早すぎない?と思っていたら、そこから何やら始まって本当に約半年、彼の制作の柱になり続けました。

こつこつと手を加え、何かをはずしたかと思えば違う部品をくっつけ、家でもそれを制作するので、毎回毎回持ち帰り、またアトリエのたんびに、その大荷物をかかえてやってくる。
背中のリュックに詰めたり挟みこんだり、さらに大きなふくろにいれて抱えて、自転車やキックボードで通ってくれました。
その姿をみるだけで、感動!

10月に入ると「間に合うかなあ」とさすがに締め切りモードになっていましたが、間に合うもなにも、その日を自分で引き寄せるようにして傾けた情熱には脱帽です。
3月


4月頃


毎回の大荷物


いよいよ完成!


やりました!


そしてついに、児童館でのハロウィンのお祭りの日、衣装コンテストでみごと審査員特別賞を手にし、その賞状を持ってきて見せてくれました。

遠い「締め切り」を自分で楽しく引きよせ、自分のなかにずっと住まわせておけるなんて、とてもポジティブ。
辛いの焦るのなんていう感情とうらやましいくらい無縁です。

大人の私たちも、何か自分の好きなことを見つけて、締め切りさえも自分の楽しみにできるくらいの力が欲しいです。
そんな豊かさがあったらなあと、彼をみていてつくづく思いました。  


  • アーツ千代田3331で開催「あとりえひとは」

    アーツ千代田3331で月に一回開催中の自由創作スペース「あとりえひとは」。昨日は27人もの参加があり盛況でした。








    2015年の4月に月一回でスタートしたころは誰も参加がなく、ボランティアのみんなで情報交換したりして時間をすごすようなことも多々ありました。

    今年に入ってからはだんだん知られてきたのか、アーツ千代田のサイトを見て、楽しみにしてくれているリピーターの方も増えました
    継続は力なり!を実感。

    アトリエコスモスのホームページのお知らせ欄でも紹介しているように、この活動は2017年、来年7月開催の「ハートアート展」の一環として取り組んでいます。

    上手下手や評価や専門性などにかかわらず、また障害のある人もそうでない人も、子どもも高齢者も、誰もが心からの表現を通してその人らしく生きていけることを紹介、展示する大きな(私たちからすれば、かなり大規模な)展覧会になる予定です。
    多くのグループや仲間が参加し、私が学んだアートセラピーの専門講座を展開する「色彩学校」も協賛、協力してくださる予定です。

    アトリエコスモスの子どもたちにも、もちろん参加してもらいます。
    普段、アトリエで作った心のままの作品を素直に展示して、皆さんに見てもらいたいと思います。

    アトリエの子どもたちに「来年おっきな展覧会に出すからねーーー。みんながんばろうねーーー。」と言ったら
    「ヤダ―、学校で描いたの出すーーー!」と言って、学校で描いた作品をわざわざ持ってきて見せてくれた高学年の子がいました。

    うーーーん、確かに、大人の目からみてもいいと思う。

    子どもだって評価のある学校と、自由なアトリエは違うということを感じているということ。
    「学校」では課題にそって制作し、ちょっと「よそ行き」の分いいのもできる。
    学校の作品の方が本人の中でも当然、評価が高かったりする。
    自由はちょっと恥ずかしかったりもする。
    でも思いがけないおもしろいのが作れる、楽しい。
    そして気持ちのままに素直に表現できる。


    このあたりの本音は受けとめつつ、子どもたちの持てる力を信じて、力むことなくアトリエの制作を見守っていきたいです。
    来年7月、おもしろい素敵な展覧会になると信じて準備していきます。