色彩は「もう一つの心の言葉」です。 色は私たちの感情や記憶と深くむすびつきながら日々を豊かに彩り、心身に様々な作用を及ぼしています。色を使った表現を通して心を元気にしたり自分らしさを育てたりするアートセラピーを社会に活かしていきたいと思っています。

あとりえ締めくくり、いろんなことの最終週

いよいよ今年も終わります。

最終週のアトリエを終えてほっとしたのもつかの間、27日朝家の前にあるはずの自転車が無くなっているのを発見。
鍵も見当たらず、盗難にあってしまったと確信してガッカリ。

完全に鍵の閉め忘れ。夜中に誰か飲んだ帰りにでもこれ幸いと乗っていってしまったのか。

すぐに近所の交番へ盗難届を出し、しばらく不便だなあと思っていたら、何と翌日見つかってもどってきました
3キロほど離れた国立天文台近くのコンビニに乗り捨てられていたのを、店員さんが駐在所に届けてくれたのです。

野川の流れのすぐ脇の「天文台下駐在所」へ。
「手続きより先に解決したので、まだ盗難品状態。あまりどこにでも停めない方がいいですよ」という警察官の方に、何度もお礼を言って受けとってきました。

いろんなことが終わりほっとしつつあわただしい年末、気がゆるんだのかな。
気をつけなければいけないですね。

今年は自主企画のワークショップは開けませんでしたが、被災地に2度訪れるなどいろいろな経験をしました。
アトリエのこどもたちの作品も、元気な作品、個性的な作品が多かったように思います。
10年と言う節目にいろんなことを考えた一年でした。

最終週の22日には、アーチストでアートセラピストの夏海花澄さんが来てくださり、いろんなことを語り合い、子どもたちとも一緒にすごしてくれました。

この日は冬至。一年で一番昼が短く夜が長い切り替えの時、そしてあらたな時間の始まりの日です。

そのせいか、あるいは夏海さんの独特のやさしいリズムを受けとめてか、ふだん工作ばかりで絵を描かない子たちが一斉に絵を描いたのにはびっくり。
しかも無意識の気持ちに触れるかのような川底の魚や、終点・起点を思わせる門がモチーフになっていたりして、とても不思議でした。








他の子もわざわざ丸い紙皿にキャラクターを描いたり、時計を工作したり。
丸や円は終わりのないサイクル、永遠の時の流れを感じさせる形です。




夏海さんも「子どもたちはより自然を敏感に感じるから、冬至の今日、なにか共時性を感じているのかも」と言います。
子どもって本当におとなが忘れた感性をちゃんと持っているんだと感心しました。

そして最終日の24日。学校が忙しくて5時すぎにやっと来てくれた6年生の女の子が仕上げていった今年最後の作品です。
アメリカの女性画家ジョージア・オキーフ(1887~1986)が1926年に描いた絵を模写しました。
当時のニューヨークを題材にしたといわれる「都会の夜」というタイトルが付けられています。




描いた子に「どうしてこの絵がよかったの?」とか「描いててどんな感じがしていた?」と聞いても、「別に」とか「なんとなく」という答えしか返ってきません。
だって絵だもんね。その時何か感じてそれを選んだだけ。
子どもたちは自分の絵や気持ちを上手に言葉で説明することはできません。
でも、目の前にしたイメージの世界は本当にその人のもので、それが次のイメージを喚起し、生きる推進力になっていくからおもしろいのです。

私がこの絵をみて感じることはもちろんあります。でもイメージの世界を今は大事にして、また少し時間がたったら彼女と話してみたいなと思います。
心はイメージに導かれて動いていきます。
その中で、きっと言葉も見つかるでしょうから、それを大事に楽しみにしたいと思います。

深い夜の街で締めくくられた今年のアトリエ。
来年もどうぞよろしくお願いします。  


  • 男の子、成長していくんだね

    「良いお年を」という言葉をかわす時期になりました。
    もう12月の半ばをすぎ、今年も時間の早さを感じています。
    その感覚は、年を経るほどに毎年毎年切実になっていくのはどうしてでしょう?。

    もしかしたら時間というのは本当に年々密かに短くなっており、秒や分は微妙に短縮されてるのではと思うほどです。

    大人はそんな気持になるけれど、アトリエでの制作や会話は変わらず繰り返され、そのことがほっとさせてくれます。

    女の子ばかりだったアトリエも今や男女半々。
    最近は男の子たちの会話にも笑ったりハッとさせられたりすることが増えました。

    アトリエにも4年生の男の子が何人かいます。
    4、5年生になると家ではあまりしゃべらなくなっていくのではないかと思いますが、
    アトリエでは、手を動かしながらのおしゃべりに、そんな男の子たちの素直な悩みや思いが聞こえてきます。

    「おとなになったら大変かな」
    「俺は子どものほうがいいな」
    「子どももたいへんだから早く大人になりたい」
    「○○は△□のこと好きってしってた?」
    「オレ、3人から告られた。すごいでしょ」
    「中学受験する?しない?」


    身体の変化や異性への関心、大人への懐疑やあこがれ、学校や勉強での不安やストレス。

    聞くともなく聞いているのですが、とても素直にいろんなことに向き合っているのだなあと感心します。
    それに言いにくいことも、男子だけだとふざけたりしながらわざわざ声に出すことでうまく気持ちに取り込めるのところがあるのかもしれません。

    ここには書けないような「アンパンマン」の替え歌まで教えてもらいました。
    なるほど、そうやって男の子は思春期をむかえ、反抗したり無口になったりしながら成長していくのですね。

    今、私は笑ってられるけれど、自分の息子たちがその時期に直面していたときはけっこうドキっとしたりオロオロしたりしていました。

    子どもは親に100パーセント気をつかっているのに、大人は自分の問題や社会的な立場などで、子どもをコントロールしようとしたりいろんな駆け引きをしながら育ててしまいます。

    もう少しあのころの自分に落ち着きがあれば・・・・。残念だけど悔しいけれどそうやって子育てというのはくりかえされていくのかもしれません。
    人生を確認するためには過去をふりかえらなければならないけれど、なにかひとつでも気づいたら、もう前も向いていくしかありません。

    いろんなことを思い返すこの時期は写真の整理も始めています。今日は絵の作品をいくつかピックアップしてみました。
    色彩がどれも子どもたちの気持ちを表していてすてきです。


    4年生女子、パステル画、色がきれいです。


    2年生女子、いろんなモチーフの塗り絵です。


    2年生女子、「秋の光」というタイトルです。


    2年生男子、クレヨンのひっかき絵ですが、上に塗ったのはアクリル絵の具です。透明感が出ました。


    すごく久しぶりに来てくれた3年生女子。サンタが可愛い。

      これは私が折り紙でつくりました。
    毎年なにか一つクリスマスのものを
    作りたくなります。