色彩は「もう一つの心の言葉」です。 色は私たちの感情や記憶と深くむすびつきながら日々を豊かに彩り、心身に様々な作用を及ぼしています。色を使った表現を通して心を元気にしたり自分らしさを育てたりするアートセラピーを社会に活かしていきたいと思っています。

絵は語る・・・「自由だから道はいらない」

3年生の男の子の絵です。

「今日は何をしようかなあ」というので「水性クレヨン試してみる?」と声をかけたら、「やるやる」と言って、ゆっくりとしたペースで描きました。

なんだか不思議な感じのする絵です。



最初は川から描きはじめ、草原のような地面と山、しっかり太い道、それから木を描きました。
最後に「う~ん、どっしよっかな?」と言いながら橋を描いて完成。

「あれ、橋の向こうに道はないの?」と聞くと「そう、橋の向こうは“自由”だから、道はいらない」との答え。

なるほど“自由”か。だから道はいらないのか。

子どもたちがなにげなく描いた絵には多くのことが語られていることがよくあります。
例えばこの絵のように、川や海など水に関するモチーフは、感情が動いているときや揺れているときよく出てきますし、はその子自身、自分のエネルギーともとれます。(実際、人の形のようにも見えます)

この男の子のように、3年生から4年生といえば思春期にはいるちょっと手前。
身体の変化を感じたり、友達関係もはっきりしたグループができたり、親や先生の言うことが煩わしく感じたりする、そんな時期です。
これまでは親や周りの言うことに従ってきたけれど、従順なだけでなく自分は自分で勝手にやりたいと言う“自我”も芽生えてくるのもこの頃。
いわゆる「ギャングエイジ」と言われる学年です。

この絵を描いた彼の心にもそんな複雑な感情があるのかもしれません。

川に分けられた手前と向こう。
手前にはこれまで周りの言うことを受け入れ太い道を歩いてきた、いわゆる「いい子」の自分があり、川を渡った向こうでは“自由”にやりたいもうひとりの自分がいる、そんなふたつの気持が描かれているように思います。

山は、なにかやりたいことの表現かな?
淡い色合いからは、自由の半面不安や冒険やいろんなことがありそうな複雑さも感じます。

画面は川によってふたつに分断されているけどしっかり橋がかかっていて繋がっています。
力強さも繊細さも感じさせる表現。孤独感も見えます。

いろんな葛藤を乗りこえながら自分のやりたいことをどんどんやって成長していってほしいな、と思います。  


  • 新しい流れと、久々の更新

    久しぶりの更新です。

    9月は変わらず忙しくすごし、先月10月は思い立っていろいろなことを整理し、自分の中に感じている新しい流れに耳を傾けてすごしていました。
    時間をつくり、これまでなかなかいけなかった小さな美術館や日本画家の記念館に出かけたりしました。
    その中でこれまでの10年を振り返り、いろんなことを考えていました。

    懸命にやってきたアートセラピーの活動も10年目です。


    私自身、それだけ歳もとり、失敗も含めていろんな経験を重ねることができました。
    アトリエの子どもたちにも以前とは違うさまざまな変化を感じています。

    10年は長かったけど、あっという間。
    今ものすごい勢いで変化していく時代の中で、少しでも新しい試みや方向性を考えていきたいな、と思っています。

    特別なことはないのですが、少しずつ・・・・。

    アトリエの子どもたちはあいかわらず元気、元気。
    実りの秋だからでしょうか、色彩も力強く中身のぎゅっと詰まった感じの作品も多いです。

    気が早いけど、そろそろクリスマスの何かを作りたくなる時期。
    素材もいろいろ揃えていこうと思ってます。

    三年生女子、よくこんな細かくつくれるね!


    一年生女子、楽しそうです。元気な感じもなかなか。


    一年生男子、ミヤマクワガタ。


    4歳男の子、太陽と雨、右は新聞紙に和紙をはったリンゴ。形がかわいい。


    二年生男子、オカヤドカリのサンタさん。